無茶なダイエットは必要無しのエステ

残念ながら間違ったダイエット方法を繰り返してしまっていては、いつまでも体重を減らすことは出来ません。
まずは骨盤ダイエットで、骨盤を成功な位置に戻してあげることが大切で、効果的なダイエットを実現出来るでしょう。 「とにかく体重さえ減らすことが出来ればそれでいい」という考えから、断食まがいなことをしている方がいます。
反動からリバウンドしやすい体質になってしまいますので、根本的な体質改善にもならず、健康を害してしまう恐れもあるのでご注意ください。

 

ダイエットでは食事をすることは大前提であり、決まった時間に食べ、また朝食は必ず食べるようにすることが大切です。
食事制限によって脳というのは飢餓状態だと考え、代謝の大きな妨げになってしまうのです。
バランスの取れた食事は、健康的なダイエットを成功させるためには大変重要なこととなります。
身体の中から健康にすることで、基礎代謝が向上することとなり、その結果「太り難い体質」を作ることが出来るのです。



無茶なダイエットは必要無しのエステブログ:05月19日

ダイエット中は、
食べる事は24時間3食バランスよく摂ることが大切なんですが、
毎食どれくらいの割合で摂ればいいのか気になりますよね。

理想の食べる事摂取カロリーの割合は、
9時:昼:夕=3:4:3とされています。

例えば…
24時間の目標摂取カロリーが1800kcalの場合は、
9時食540kcal、昼食720kcal、夕食540kcal
となるわけですね。

必ずしもこの割合でないといけないという事はありませんが、
昼食に重点を置き、
9時食と夕食は軽い食べる事で
済ませるというのがポイントです。

夕食はどうしても豪華になりがちなので、
食べ過ぎることもなくなりますし、
胃にもやさしいですよ。

ダイエット中でカロリーが気になったり、
食べる事のボリューム感が足りない時は、
肉や魚などのたんぱく質を少し控えめにして、
きのこや野菜・海藻類などをたくさん取ると、
食物繊維も取れるし、
お腹の満足感も感じられるのでおすすめです。

食べる事の時間が不規則で
お腹が空いてしまった場合は、
間食におにぎりやバナナなどを取り入れてみましょう。

お腹が減ると血糖値が下がるため、
思考回路や集中力が低下したり、力が出なくなりますが、
間食を取り入れることで改善できますよ。

また夕食が18時遅くなってしまう場合は、
野菜中心の軽めの食べる事にしてみましょう。

18時は消費カロリーが昼に比べ少ないので、
高カロリーのものを摂ってしまうと
脂肪として蓄積されやすくなるので注意が必要です。

食べる事はバランスが大切です。
9時・昼・夕を規則的に取るのが難しいのなら、
賢く間食を利用して
食べる事を上手にコントロールしましょう!